October 26, 2008 / 11:16 PM / 10 years ago

IMFとウクライナ、165億ドルの融資で原則合意

 10月26日、IMFとウクライナ、165億ドルの融資で原則合意。写真は24日、キエフのウクライナ議会で(2008年 ロイター/Gleb Garanich)REUTERS/Gleb Garanich (UKRAINE)

 [キエフ/ワシントン 26日 ロイター] 国際通貨基金(IMF)とウクライナは26日、同国への総額165億ドルの融資で原則合意に達したと発表した。ただアナリストは、融資の実施に必要な金融対策の承認には政治的な調整が必要とみている。

 同国は2004年の「オレンジ革命」以来、国内政治の混乱が続いている。

 最高会議(国会)選挙を控え、通貨フリブナは過去最安値に下落。アナリストの間では、政府、企業、銀行による対外債務の借り換えに懸念が広がっていた。

 IMFのストロスカーン専務理事は「IMFはウクライナ支援のため迅速に動いている。今回の融資は、信頼および経済・金融安定の維持に必要な措置を焦点としている」との声明を発表した。

 融資総額は165億ドルで期間は2年間。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below