October 29, 2008 / 12:39 PM / 11 years ago

空売り規制の強化をあす30日から正式実施へ=金融庁

 10月29日、金融庁は、株の手当てのないままの空売り(ネーキッド・ショート・セリング)を禁止する内閣府令を公布し、あす30日から施行すると発表。写真は東京証券取引所で(2008年 ロイター/Yuriko Nakao)

 [東京 29日 ロイター] 金融庁は29日、株の手当てのないままの空売り(ネーキッド・ショート・セリング)を禁止する内閣府令を公布し、あす30日から施行すると発表した。来年3月31日までの時限措置として導入する。

 27日の麻生太郎首相による空売り規制強化に関する指示で導入を決めた。当初、11月4日に導入する予定としていたが、前倒しで実施する。28日に金融商品取引法施行令の改正を閣議決定し、金融庁が関係する内閣府令を準備していた。

 日本での空売り規制は、1)直前の市場価格以下での空売り禁止、2)売りつけに際し、空売りであることの明示義務――の措置がすでにあったが、中川昭一財務・金融担当相が7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)から帰国後の10月14日、証券取引所が全銘柄合計と業種別の空売り状況を日次で公表することを決めた。これに加えて、30日からネーキッド・ショート・セリングの禁止を導入することで空売り規制を強化。さらに、発行済み株式総数の0.25%以上の空売りポジションは保有者に報告を義務付ける予定で、11月中旬めどに取引所が公表することをめざし、金融庁が関係する内閣府令を整備している。

 また、金融庁、証券取引等監視委員会、東京証券取引所は28日から、空売り規制の違反調査を開始しており、違反があれば過去にさかのぼって対処することにしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below