November 13, 2008 / 3:40 AM / 11 years ago

IMFに最大10兆円拠出、首相が金融サミットで表明

 11月13日、麻生首相が金融サミットでIMFに最大10兆円を拠出する用意がある表明することが明らかに。写真は先月、記者会見を行う麻生首相(2008年 ロイター/Yuriko Nakao)

 [東京 13日 ロイター] 日本の政府筋は13日、ワシントンで14日から開催される緊急首脳会議(金融サミット)で、新興国支援を目的に国際通貨基金(IMF)に対して外貨準備から最大10兆円を拠出する用意があると麻生太郎首相が表明することを明らかにした。

 ロイターに対して述べた。

 金融危機の影響を受けている新興国などに対してIMFが迅速に資金支援を行うことができるよう、IMFの資金繰りをサポートする。政府筋によると、新興国支援などでIMFが資金不足に陥った場合、IMFからの要請を前提に資金拠出を行う方針。

 中川昭一財務相兼金融担当相は13日午前の参院財政金融委員会で、外貨準備を活用したIMFへの資金拠出について「IMFが最も金融危機に対応できる国際機関であり、IMFが迅速、適切かつ十分に対応することが必要」と述べた上で、「(IMFが)予防的な意味も含めて十分な資金手当てをしておく必要がある。日本として必要があれば緊急融資というかたちでIMFに提供する」と金融危機克服に積極的に貢献していく考えを示した。

 日本の外貨準備高は10月末現在で9777億ドル程度と約100兆円に達しており、中国に次ぐ世界第2位の規模。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below