December 2, 2008 / 1:08 AM / 11 years ago

サマーズ次期米NEC委員長、景気悪化の加速を警告

 12月1日、サマーズ次期米NEC委員長(右)は米国の景気悪化のペースが速まっていると警告。11月24日撮影(2008年 ロイター/John Gress)

 [シカゴ 1日 ロイター] 国家経済会議(NEC)次期委員長としてオバマ政権入りが決まっているローレンス・サマーズ元財務長官は1日、米国の景気悪化のペースが速まっていると警告し、景気刺激策を早急に導入する必要性を強調した。

 クリントン元大統領の下で財務長官を務めたサマーズ氏は声明を発表し「米国では既に120万人の雇用が失われた。最近の経済動向をみると、景気悪化のペースが速まっていることがわかる。オバマ次期大統領が景気刺激策の導入を最優先課題に掲げているのはそのためだ」と述べた。

 全米経済研究所(NBER)は1日、米国経済は2007年12月には既に景気後退(リセッション)入りしており、今回の景気後退局面は第2次世界大戦以降最悪のものになる可能性があるとのレポートを発表した。NBERの景気循環判定委員会メンバーでハーバード大学のエコノミストのジェフェリー・フランケル氏は「この先の道のりは長い。今回の景気後退局面は、深刻で長期的なものになる恐れがある」と警告している。

 米国が景気後退に直面するなか大統領に就任するオバマ氏は、既に陣容を発表した経済チームに対し、中産階級を対象にした減税、道路建設や再生可能エネルギー関連施設などへのインフラ投資などを含む景気刺激策の原案を策定するよう指示。同氏は景気刺激策の具体的な規模は示していないが、大規模なものになると示唆している。一方、民主党下院議員らは刺激策は約5000億ドルの規模になるとしている。

 サマーズ元長官は、オバマ氏は景気刺激策の導入について「一刻の猶予も許されない状態にあると信じている」と述べ、同氏は年明け早々にも景気刺激策関連法案を議会通過させ、1月20日に次期大統領として就任後直ちに実施に持ち込みたいとしていると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below