December 28, 2008 / 6:39 AM / 11 years ago

イスラエル軍のガザ空爆で国連安保理が緊急協議

 12月27日、イスラエル軍によるガザ空爆で国連安保理が緊急協議開催。写真は空爆現場で救出作業に当たるパレスチナ人作業員(2008年 ロイター/Suhaib Salem)

 [国連 27日 ロイター] イスラエル軍がパレスチナ自治区ガザに大規模な空爆を行ったことを受け、国連安全保障理事会は27日夜、緊急協議を開いた。

 今回の協議は、安保理理事国内で唯一のアラブ国家であるリビアが招集したもので、外交筋によると、イスラエル軍によるガザ地区への攻撃とパレスチナによるイスラエルへのロケット弾攻撃の双方を停止を求める声明について話し合うという。

 これに先立ち、国連の潘基文(バン・キムン) 事務総長も、イスラエルとパレスチナの首脳らに電話をかけ、双方が攻撃を即時停止するよう呼び掛けた。

 同日の空爆では、少なくとも229人が死亡、700人以上が負傷した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below