January 1, 2009 / 5:09 AM / 11 years ago

北朝鮮の新年社説、オバマ米新政権との協調も示唆

 1月1日、北朝鮮は新年社説でオバマ米新政権との協調も示唆。写真は2007年8月、平壌でのマスゲーム(2009年 ロイター/Reinhard Krause)

 [ソウル 1日 ロイター] 北朝鮮の主要機関紙は1日、今年の国政方針を示す新年共同社説を発表し、朝鮮半島の非核化を改めて訴えるとともに、オバマ米次期大統領と協調する用意があることを示唆した。

 共同社説は、核問題について「朝鮮半島の非核化を実現し、北東アジアと世界の平和と安全を守るという、わが共和国の自主的外交政策は、その正当性を日増しに強くしている」と言及。

 また、「朝鮮労働党と政府は、友好的な国家との関係を発展させる」とし、今月20日に発足するオバマ新政権と協調する姿勢であることを示唆した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below