January 2, 2009 / 6:36 AM / 9 years ago

シンガポール、景気後退の深刻化が浮き彫りに

 [シンガポール 2日 ロイター] シンガポール政府が発表した2008年第4・四半期の国内総生産(GDP)伸び率速報値は、季節調整済みで前期比年率マイナス12.5%となり、リセッション(景気後退)の深刻化が浮き彫りとなった。

 1月2日、シンガポール政府が発表した第4・四半期のGDP伸び率は前期比年率マイナス12.5%に。写真は同国のコンテナ港。昨年12月撮影(2009年 ロイター/David Loh)

 ロイター調査によるアナリスト予想の中央値はマイナス3.4%だった。

 マイナス成長は3四半期連続。世界的な金融危機を背景に、日米、ユーロ圏などの主要輸出先が景気後退入りしたことが響いた。3四半期連続のマイナス成長は、IT(情報技術)バブル崩壊の打撃を受けた2001年以来。

 セクター別では製造業がマイナス9%となった一方、建設業はプラス13.3%、サービス業もプラス1.1%となった。

 第4・四半期のGDP伸び率は、前年比ではマイナス2.6%。第3・四半期は同マイナス0.3%だった。

 2008年のGDP伸び率はプラス1.5%。07年はプラス7.7%だった。

 シンガポールのリー首相は31日、新年に向けたメッセージで、世界的な金融危機がシンガポール経済に大きな打撃を及ぼしており、景気の先行きは不透明だと指摘。「厳しい1年に備えなければならない。09年前半はとりわけ心構えが必要だ」と述べ、同国経済が一段と縮小するとの見通しを示した。

 第4・四半期の速報値は10月と11月のデータを基に算出されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below