January 15, 2009 / 6:29 AM / 11 years ago

焦点:米シティ、救済期待で社債は下げ渋る

 [ニューヨーク 14日 ロイター] 14日の米株式市場では、金融大手シティグループ(C.N)の株価が急落したが、社債市場では、同社が深刻な問題を抱えているものの、自力もしくは政府の追加救済策で難局を乗り切れるとの見方が多く、社債価格の下げは限定的だった。

 1月14日、米シティ、救済期待で社債は下げ渋る。写真は昨年11月、シンガポールで(2009年 ロイター/Vivek Prakash)

 同日のシティ株は、業績回復には時間がかかるとの見方から、23%急落。これに対し、シティの社債は、バーナンキ連邦準備理事会(FRB)議長が国内銀行への追加資本注入の可能性を示唆したこともあり、3─5%の下落にとどまった。

 ノーススター・グループのヘンリー・アッシャー社長は「市場関係者は、社債保有者が貧乏くじを引くことはないとみている」と述べた。

 シティは、金融安定化法の不良資産救済プログラム(TARP)の下で、すでに約450億ドルの支援を受けており、市場関係者の間では、いったん救済した以上、シティがリーマン・ブラザーズLEHMQ.PKの二の舞になることはないとの見方が多い。 

 <株価は「B1」クラス> 

 SCMアドバイザーズのポートフォリオマネジャー、ロバート・ビショップ氏は「たとえ政府の支援があっても、株主にはプラスにならないだろう」との見方を示した。

 ムーディーズ・インベスターズ・サービスのクレジット戦略グループがまとめたデータによると、シティの株価は13日時点で格付け「B1」の企業並みとなっている。「B1」は投機的等級の上から4番目で、シティの実際の格付け「A2」を8段階下回る。

 これに対し、シティの社債は、実際の格付けより1段階下、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)は3段階下で取引されている。 

 シティ株の14日終値は1.37ドル(23.22%)安の4.53ドル。

 マーケット・アクセスによると、社債(2013年償還、利率6.5%)は約3%下落し、額面1ドルに対して0.98ドルとなっている。 

 バーナンキ議長は13日、銀行は資本調達や融資が困難になっているとし、政府が不良債権の買い取りや資産に関する保証供与、不良債権の受け皿となる銀行の設立などを検討する可能性があるとの認識を示した。

 SCMアドバイザーズのビショップ氏は「バーナンキ議長が政府に対し、大手銀行への資本注入継続を促していることは明らかだ」と指摘した。

 関係筋によると、シティグループは法人金融・投資銀行・リテール銀行に業務を集約し、全体の事業規模を従来の3分の2程度に縮小する見通し。 

 <CDSがワイド化> 

 フェニックス・パートナーズ・グループによると、シティのCDSプレミアム(5年物)は、前日の265ベーシスポイント(bp)から410bpにワイド化した。

 ただ通常、破たん観測が高まった企業は、プレミアムがこの水準を大幅に上回ることが多い。

 シティは13日、傘下の個人向け証券会社スミス・バーニーをモルガン・スタンレー(MS.N)の資産運用部門と統合すると発表。シティはこれに伴い27億ドルを受け取る。

 アナリストはこれについて、シティの将来の業績に悪影響が及ぶ可能性があるが、社債の返済原資は増えると指摘。株主よりも社債保有者に有利な内容だとの見方を示している。

 ムーディーズ・アナリティクスのディレクター、マイケル・ラブ氏は「株主は将来の業績に着目し、社債保有者は社債が償還されるかどうかに注目する」と述べた。 

 (Dena Aubin記者;翻訳 深滝壱哉)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below