January 16, 2009 / 4:06 AM / 10 years ago

みずほFGの3トップが交代、前田社長の後任に塚本副社長

 1月16日、みずほFGの3トップが交代、前田社長の後任に塚本副社長。昨年11月、都内で撮影(2009年 ロイター/Yuriko Nakao)

 [東京 16日 ロイター] みずほフィナンシャルグループ(FG)(8411.T)は16日、前田晃伸社長(64)の後任に塚本隆史副社長(58)が昇格する人事を発表した。

 傘下のみずほ銀行は、杉山清次頭取(61)の後任に西堀利副頭取(55)、みずほコーポレート銀行は斉藤宏頭取(64)の後任に佐藤康博副頭取(56)がそれぞれ昇格する。

 人事はいずれも4月1日付で、前田社長ら現在の3トップはそれぞれ会長に就く。会見で塚本次期社長は、国際的な金融危機の現状を踏まえ「みずほとしては全力疾走で走ってきたが、ペースダウンしてさまざまな課題を見直して次の飛躍に備えるいいチャンスだ」と述べた。

 新トップの3人は、塚本氏が旧第一勧業銀行、西堀氏が旧富士銀行、佐藤氏が旧日本興業銀行の出身。前田体制と同じように旧3行でポストを分け合うかたちとなった。前田社長は会見で「3行には人材が山ほどいる。適材適所にしただけ」と説明。これまでなかった会長ポストに自身が就任することについては「今まで(会長)ポストはあったが、再編・統合したときには会長につく人がいなかっただけ」と語った。

 (ロイター日本語ニュース 布施太郎記者)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below