January 16, 2009 / 8:27 AM / 11 years ago

ビックカメラ、08年8月期当期損益は21億円の赤字

 [東京 16日 ロイター] ビックカメラ(3048.T)は16日、不動産流動化に伴う会計処理の見直しなどを行い、2004年8月期から2008年8月期までの決算の訂正を発表した。2008年8月期の連結当期損益は、これまで41億1200万円の黒字としていたが、21億4100万円の赤字となった。

 東京証券取引所は、16日付で監理銘柄に指定した。

 ビックカメラは、2002年に行った池袋本店などの不動産流動化について、売却処理としていたが、これを借入金として処理する。SPCへのビックカメラの出資は5%弱だったものの、同社の当時の社長が実質的な株主だった豊島企画との合算では5%を超えるためだという。

 広報担当者は「会計処理を見直して訂正したが、意図的なものではない」としている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below