January 16, 2009 / 9:47 AM / 10 years ago

エス・イー・エスが民事再生法、半導体不況で受注減

 [東京 16日 ロイター] エス・イー・エス6290.Qは16日、東京地裁で民事再生手続きの申し立てを行い、受理されたと発表した。負債総額は142億7300万円。半導体不況による受注減少が影響した。

 同社は半導体製造用洗浄装置の製造販売を手掛けている。半導体価格の下落を受けて半導体メーカーが設備投資を手控えた影響で、新規受注が07年10月以降に急減したという。08年4─9月期は、営業赤字が28億5500万円となり、純資産も08年3月期の105億6300万円が71億9400万円に減少して資金繰りがひっ迫。09年2月末までに自力で資金調達するメドがたたないという。

 当面の仕入代金決済と販売は、主要な受注先となっている日本の商社や韓国の協力企業から、支援の申し出を受けているとしている。

 ジャスダック証券取引所は同日、エス・イー・エスが東京地裁に民事再生手続きの開始を申請し受理されたことを受け、同社を2月17日付で上場廃止にすると発表した。1月17日から2月16日までは整理銘柄に指定される。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below