January 22, 2009 / 8:06 PM / 10 years ago

ベルギーの銀行保険KBCに26億ドルの追加公的資金注入へ

 1月22日、ベルギーの銀行保険大手KBCグループはフラマン地域政府から26億ドルの公的資金注入を受けることを明らかにした。写真はブリュッセルのKBC本社。22日撮影(2009年 ロイター/Francois Lenoir)

 [ブリュッセル 22日 ロイター] ベルギーの銀行保険大手KBCグループ(KBC.BR)は22日、フラマン地域政府から20億ユーロ(25億8000万ドル)の公的資金注入を受けることを明らかにした。これにより、中核的自己資本(Tier1)比率の8%維持を目指す。

 KBCは20億ユーロに加え、中核的自己資本としてさらに15億ユーロを同政府から調達できる。期間は最低5年間。資金注入は2009年第1・四半期末までに完了する見通し。

 同政府は見返りに最低年利8.5%の利付債を取得する権利を得る。KBCは発行価格の150%でいつでも買い戻しが可能。

 ベルゲン最高経営責任者(CEO)は「大いなる不透明さが消えたことに市場が気付くことを望む」と述べた。

 同社は2008年10月にもベルギー連邦政府から総額35億ユーロの公的資金注入を受けている。

 KBCがまた、08年第4・四半期決算で純損失を計上すると発表。通年の損失額はおよそ25億ユーロとの見通しを示した。最終発表は2月12日の予定。

 同社はまた、保有する債務担保証券(CDO)について、「スーパーシニア」格付けを除く全てをゼロとして評価損を計上したほか、ストラクチャード・クレジットのポートフォリオは19億ユーロ(税引き後で17億ユーロ)の評価損を計上したことを明らかにした。

 バンク・デグルーフは、公的資金注入はKBCの資本を強化する上で最良の方法との見方を示し、KBCの投資判断を「ホールド」から「バイ」に引き上げた。

 KBC株は、一時50%超上昇した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below