Reuters logo
アイスランド、金融危機の影響で連立政権が崩壊
2009年1月26日 / 23:49 / 9年後

アイスランド、金融危機の影響で連立政権が崩壊

 [レイキャビク 26日 ロイター] 深刻な景気悪化から政府に対する抗議行動が続いていたアイスランドで26日、連立政権が崩壊した。世界的な金融危機の影響で政府が崩壊したのは初めて。

 連立政権が崩壊したとの報道を受け、議事堂前にはこれを喜ぶデモ隊が集結しクラクションなどを鳴らし気勢を上げた。後継政権をどの政党が主導するかなどは今のところ不明。

 ハーデ首相は、連立政党との政権維持をめぐる交渉が決裂したことを受け、グリムソン大統領に辞表を提出した。大統領はどの政党に新政権発足を委ねるかについては27日以降に決定する可能性があると述べた。

 世界的な金融危機による深刻な影響を受けた同国経済は、通貨が急落したほか、金融システムも大きな打撃を受け、過去10年間の経済的繁栄が一気に暗転した。

 アイスランドは国際通貨基金(IMF)に金融支援を求めざるを得なくなり、経済生産は今年最大10%落ち込むことが予想され、大量の失業者が生まれている。

 このため国内では抗議行動が連日続き、与党第1党の独立党と第2党の社会民主同盟との連立政権に対する圧力が強まっていた。

 アイスランド大学の政治学教授は「アイスランドは現在政府がない状態になった。次に何が起きるか確信をもって言える者は誰もいない」と述べた。

 今後発足する新政権がIMFと衝突する可能性を指摘するアナリストもいる。IMFは26日、「適切な」政策が行われる限り、アイスランド政府を支援するとの姿勢を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below