January 28, 2009 / 6:29 AM / 10 years ago

豪海岸で人種暴動、政府は新たな差別対策を発表

 [シドニー 28日 ロイター] オーストラリア政府は28日、人種差別に反対する新たなキャンペーン「ダイバース・オーストラリア・プログラム」を開始した。1788年の白人入植開始を記念する国民の祝日「オーストラリア・デー」の26日には、シドニーの2つの海岸で人種差別的な暴力行為が発生した。

 北部のマンリービーチでは、国旗を身にまとったり国旗の入れ墨をした若者らが泥酔してアジア系の海水浴客を攻撃し、警察と衝突。また、2005年に人種対立による暴動が起きた南部のクロヌラビーチでも、白人系住民が中東系とみられる人を襲い、警察が出動する騒ぎがあった。

 多文化問題の政府担当者によると、同プログラムでは文化的、人種的、宗教的な不寛容を改善しようとする地域社会の取り組みに対し、最大5000豪ドル(約30万円)の補助金を支給するなどの施策を盛り込んでいる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below