February 9, 2009 / 12:52 AM / 11 years ago

北米映画興行収入=コメディー「He's Just Not That Into You」が初登場首位

 2月8日、コメディー「He's Just Not That Into You」が初登場首位。写真はハリウッドで行われた同作品のプレミア試写会でのジェニファー・アニストン(中央)やドリュー・バリモア(左)ら。2日撮影(2009年 ロイター/Mario Anzuoni)

 [ロサンゼルス 8日 ロイター] 映画スタジオの推計に基づく2月6―8日の北米映画興行収入ランキングは、ジェニファー・アニストンとドリュー・バリモア出演のコメディー「He's Just Not That Into You(原題)」が2750万ドル(約25億3000万円)で初登場1位となった。

 テレビドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」からアイディアを得た本を原作とする同作品は、ベン・アフレックやスカーレット・ヨハンソンといった人気俳優が出演するが、批評家の評価は今ひとつだった。配給元のワーナー・ブラザースによると、観客の8割を女性が占めた。

 先週首位だったリアム・ニーソン主演のスリラー「Taken(原題)」は2030万ドルで2位に後退。3位にはストップモーション・アニメの「Coraline(原題)」が1630万ドルで初登場。

 不景気にもかかわらず映画チケット販売は好調で、週末興収は過去7週のうち6週で前年同期を上回っている。調査会社メディア・バイ・ナンバーズによると、年初来の売り上げは前年比19%増で推移している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below