for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

台湾の茂徳科技への30億台湾ドルの新規融資実施で合意=銀行団

 2月16日、台湾の銀行団が茂徳科技に30億台湾ドルの新規融資を実施へ。写真はDRAMチップ(2009年 ロイター/Nicky Loh)

 [台北 16日 ロイター] 台湾のDRAM(記憶保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモリー)メーカー、茂徳科技(プロモス)5387.TWOに対する融資を協議している銀行シンジケート団は、30億台湾ドル(8800万米ドル)の新規融資を実施することで合意した。主幹事銀行が16日明らかにした。

 プロモスは社債を償還するため、資金を必要としていた。

 投資家は、プロモスが追加の資金供与を受けると予想していたが、融資額はプロモスが当初計画した額を20億台湾ドル下回る。

 台湾銀行[BKTW.UL]は非公開協議の終了後に発表した声明で「8行が協議に参加し、海外で発行した転換社債の償還に必要な資金を供与することで合意した」と述べた。

 台湾銀行は合計7億台湾ドルを供与する予定だが、融資の実施には各行の取締役会の承認が必要という。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up