Reuters logo
景気後退の日本、「貧乏神」に多くの参拝者
2009年2月27日 / 05:55 / 9年後

景気後退の日本、「貧乏神」に多くの参拝者

 [東京 26日 ロイター] 東京から車で約4時間の長野県飯田市に「貧乏神」を祭ったユニークな神社がある。参拝方法がまた変わっていて、参拝者は「貧乏神」の像をたたいたり、け飛ばしたりするのだという。

 同神社を11年前に創建した元銀行員の祭主、櫻井鉄扇さん(77)は「参拝が意味することは、像を強くたたくことにより自分自身の弱い心を打ち負かし、その後はプラス思考でいることだ」と説明。

 世界的な金融危機の影響で日本経済が悪化する中、同神社にはここ数カ月の間に何千人もの人々が参拝したという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below