March 7, 2009 / 1:01 AM / 11 years ago

英政府とロイズ、資産保護スキームで合意

 3月6日、英政府とロイズ・バンキング・グループが資産保護スキームで合意。写真はロンドンのロイズ本社。先月27日撮影(2009年 ロイター/Andrew Winning)

 [ロンドン 6日 ロイター] 英政府は大手銀ロイズ・バンキング・グループ(LLOY.L)と資産保護スキームへの参加をめぐる協議で合意し、政府がロイズ株式を最大75%保有する見通し。関係筋が6日明らかにした。

 それによると、ロイズと政府は1週間におよぶ協議後に「大筋で合意」した。ロイズは2500億ポンド(3560億ドル)の資産について、5750億ポンド規模の同スキームを活用する。

 ロイズおよび英財務省からのコメントは得られていない。

 関係者によると、合意についての発表は7日に行われる見通し。

 今回の合意により、政府が保有する議決権の比率は43%から60%に上昇するとしている。

 ウォールストリート・ジャーナル紙が報じたところによると、ロイズがまず既存株主向けに株式を発行し、十分な資金を集められなかった場合に英政府が株式を購入する。

 関係筋がロイターに語ったところによると、新たなB株が普通株に転換された場合、政府のロイズ株保有比率は75%に上昇する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below