for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仏BNPパリバ、フォルティス資産買収条件でベルギー政府と合意

 3月8日、仏BNPパリバはベルギー政府との間でフォルティス(写真)の資産買収条件で合意。昨年9月撮影(2009年 ロイター/Francois Lenoir)

 [パリ 8日 ロイター] 仏BNPパリバBNPP.PAは7日、ベルギー政府との間でフォルティスFOR.BRの資産買収条件で合意した。合意によると、BNPパリバは昨年部分国有化されたベルギー・オランダ系金融グループ、フォルティス傘下のフォルティス銀行の株式75%をベルギー政府から取得する。

 またフォルティスのベルギー国内の保険部門の25%をフォルティス・ホールディングから取得する。

 合意内容はフォルティスの株主に諮られる。前回合意された資産分割の条件を株主は否決し、ベルギーの内閣総辞職に発展した。

 合意を受けBNPパリバは8日、資産買収効果により早くも2010年の収益が押し上げられるとの見通しを示した。

 BNPパリバは「BNPパリバのTier1(中核的自己資本比率)はフォルティスの資産買収が完了する日以降も安定的に推移する」とし、「この契約の増収効果は早くも2010年には表れ始める」と予測した。

 BNPパリバによるとフォルテイスの預金高は5400億ユーロ超。預貸率は120%。フォルティスの資産買収により、BNPパリバの預金額はオランダの金融グループ大手INGING.ASに並び、ユーロ圏で最大規模になる。

 BNPパリバは先月、仏政府による第2弾の公的資金注入で、Tier1(中核的自己資本比率)が7.8%から8.4%に上昇すると発表した。同行は2008年第4・四半期に13億7000万ユーロの純損失を計上している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up