March 17, 2009 / 8:27 AM / 9 years ago

巨額詐欺事件のマードフ被告、当局が財産没収へ

 [ニューヨーク 16日 ロイター] 巨額詐欺事件で逮捕、起訴されていたバーナード・マードフ被告(70)が罪を認めたのを受けて、米当局は同被告とその妻が所有する100億円以上に相当する資産を没収する意向を示している。

 裁判所の文書で16日、明らかになった。マードフ被告は総額約20億円の価値がある住宅をニューヨーク州マンハッタンやロングアイランド、フロリダ州パームビーチ、フランスのカプダンティーブに所有。銀行口座にある1700万ドルに加えて、証券会社にも少なくとも4500万ドルあることが分かった。

 ナスダック元会長のマードフ被告は12日、マンハッタン連邦地裁で650億ドル規模の投資詐欺で有罪を認めた後、収監された。11の罪に対する量刑は6月16日に言い渡される予定で、生涯を刑務所で過ごす可能性がある。

 当局は、没収の意向を示す通知の中で、総額1000万ドル以上の価値があるボート3艇のほか、車4台、銀食器(価値は6万5000ドル)、スタインウェイ・ピアノ(同3万9000ドル)なども対象に挙げている。

 マードフ被告の弁護士による3月初旬の裁判所への申請は、6900万ドルの不動産と妻ルースさんが所有する口座は詐欺には無関係だとしている。

 ルースさんの弁護士は当局の通知に対してコメントを控えた。マードフ被告の弁護士のコメントも得られていない。 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below