March 18, 2009 / 3:10 AM / 10 years ago

トヨタなどベアゼロ相次ぐ=09年春闘

 3月18日、2009年春の労使交渉はトヨタなどでベアゼロ相次ぐ。写真はトヨタの会社ロゴ。3日、ジュネーブの自動車ショーで撮影(2009年 ロイター/Valentin Flauraud)

 [東京 18日 ロイター] 2009年春の労使交渉は18日午前、金属労協に加盟する自動車、電機など大手組合への経営側回答が始まった。

 相場のリード役であるトヨタ自動車(7203.T)は、ベースアップに当たる賃金制度改善分を4年ぶりにゼロとすることで妥結した。賃金体系を維持するための定期昇給は実施する。組合側は4000円のベースアップを要求していた(前年実績は1000円)。年間一時金については5カ月プラス10万円(186万円、組合側は5カ月プラス20万円を要求)で決着したが、冬の賞与については秋に再度協議する。

 ホンダ(7267.T)と日産自動車(7201.T)もベースアップをゼロとすることで妥結。両社とも定期昇給は維持する。ホンダの年間一時金は5.0カ月(組合側要求は5.5カ月)、日産は4.2カ月(組合側要求は5.2カ月)で決着した。

 電機ではパナソニック(6752.T)が定期昇給維持で回答。富士通(6702.T)は定期昇給維持で妥結したものの、定昇の実施時期については労使で別途協議する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below