March 19, 2009 / 6:00 AM / 10 years ago

イタリア、気候変動でスイスとの国境見直しを検討

 3月18日、イタリアが気候変動によってスイスとの国境見直しを検討していることが明らかに。写真はイタリア北部の山で昨年12月撮影(2009年 ロイター/Stefano Rellandini)

 [ローマ 18日 ロイター] 過去70年間の気候変動により、イタリアとスイスの国境にある山脈の氷河が溶け出しているため、イタリアのフラティニ外相は先月、両国の国境を「動かせるようにする」ための草案を提出した。

 下院で現在審議している同草案では、「気候変動の影響で山頂や氷河に緩やかな変化があるため、国境をそれに従って動かせるようにする必要がある」としている。

 1924―1938年に国境線が引かれた時の自然の目印には使えなくなっているものもあり、両国は2004年に目印を新しく設ける必要があることで合意しているという。

 草案は、国境が動いても両国の国民に影響が出る可能性は低いとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below