Reuters logo
2月米中古住宅販売は前月比+5.1%、6年ぶり大幅な伸び
2009年3月23日 / 16:16 / 9年後

2月米中古住宅販売は前月比+5.1%、6年ぶり大幅な伸び

 [ワシントン 23日 ロイター] 全米リアルター協会(NAR)が23日発表した2月の中古住宅販売戸数は前月比5.1%増の年率472万戸で、2003年7月以来、約6年ぶりの大幅な伸びとなった。

 3月23日、全米リアルター協会が発表した2月の中古住宅販売戸数は前月比5.1%増と、6年ぶり大幅な伸びに。写真はカリフォルニアで2月に撮影(2009年 ロイター//Mario Anzuoni) 

 ロイター調査によるエコノミスト予想は445万戸だった。

 NARは、販売戸数の約45%を差し押さえ住宅や空売り販売が占めたと説明した。

 NARの主席エコノミスト、ローレンス・ユン氏は「われわれの分析によると、差し押さえ住宅は通常、正常な市場価格から20%低い水準で販売されており、これによって住宅価格の中央値が押し下げられている」と指摘した。

 住宅価格は中央値で前年比15.5%下落の16万5400ドルで、過去2番目に大きい落ち込みとなった。

 クイックン・ローンズのビル・エマーソン最高経営責任者(CEO)は「非常に低いローン金利と8000ドルの税控除に価格下落が相まって、消費者が初めての住宅購入に踏み切っている」との見方を示した。「販売戸数の増加は好ましいが、販売在庫の減少が一段と重要だ。販売在庫が減少して初めて、住宅市場の調整に言及できる」と話した。

 販売在庫は前月比5.2%増の380万戸。現在の販売ペースでは9.7カ月と、前月から変わらなかった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below