for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

大和が出井氏と組み日本とアジアに300億円投資へ

 3月24日、大和証券SMBCプリンシパル・インベストメンツはソニー元会長の出井氏と共同で日本とアジアに300億円投資する計画を発表。写真は昨年12月、インタビューに応じる出井氏(2009年 ロイター/Yuriko Nakao)

 [東京 24日 ロイター] 大和証券SMBCプリンシパル・インベストメンツは24日、ソニー6758.T元会長の出井伸之氏が経営するコンサルタント会社、クオンタムリープと共同で投資会社を設立し、約300億円のプライベート・エクイティ投資を日本を含むアジアで行うと発表した。

 大和とクオンタムリープは、4月に大和クオンタム・キャピタルを設立し、国内外の投資家からファンドの資金を募集する。大和クオンタム・キャピタルは出井氏のネットワークを活かし、アジアの成長性の高い企業に投資する。投資の対象地域は日本が約30%、残りは日本以外のアジアになると想定している。大和証券SMBCPIは、ファンド総額の30%をめどに出資する予定。

 大和クオンタム・キャピタルの会長には出井氏、社長にはクオンタムリープの水島正副社長が就く予定。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up