March 26, 2009 / 7:41 AM / in 11 years

4月のG20、「いちかばちか」のイベントに=ソロス氏

 3月25日、ジョージ・ソロス氏は4月のG20が世界市場にとって「いちかばちか」のイベントになると述べた。ワシントンで25日に撮影(2009年 ロイター/Kevin Lamarque)

 [ワシントン 25日 ロイター] 著名投資家ジョージ・ソロス氏は、4月2日にロンドンで行われる20カ国・地域(G20)首脳会合(金融サミット)は、世界市場にとって「いちかばちか」のイベントになると述べた。

 同氏は、上院外交委員会で証言し「世界の金融システムの周辺にいる国を支援する現実的な手段が打ち出せない限り、世界の市場は、米国が銀行システム救済に向けた具体策を打ち出せずに市場の急落を招いた2月10日の再現となる可能性がある」と述べた。

 また同氏は、オバマ大統領は国際通貨基金(IMF)から途上国が実際に借り入れられる金額を引き上げることで、G20を成功に導くことができると述べた。

 さらに、IMFは「不完全で困難に直面しているが、現在利用可能な唯一の機関だ」として、世界経済の回復という仕事は主にIMFが担う必要があると述べた。

 ソロス氏は、今回のG20でIMFの財源は2倍に引き上げられる公算が大きいが、それは途上国にとって体系的な解決策とはならないと指摘。ただし、IMFの特別引き出し権(SDR)を活用すればそれが実現できると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below