March 31, 2009 / 4:12 AM / 10 years ago

焦点:米GMの破たん危機、利害関係者との交渉の突破口にも

 [デトロイト 30日 ロイター] オバマ米政権の自動車作業部会は30日、米ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)とクライスラーの再建計画の受け入れを拒否した。

 3月30日、米GMの破たん危機が利害関係者との交渉の突破口になるとの声も。写真はデトロイトのGM本社。昨年11月撮影(2009年 ロイター/Rebecca Cook)

 市場では経営破たんへの警戒感が高まっているが、一部のアナリストの間では、難航している労組や債権者との交渉の突破口となるのではないか、との見方も出ている。

 レビン上院議員(ミシガン州選出、民主党)は「債権者は、極めて厳しい選択に迫られていることに、気がつくだろう」との見方を示した。

 GMは、無担保債務をおよそ190億ドル削減することを目指している。債権者と労組に対して、譲歩する見返りに株式を提供する方向で交渉しているが、両者との話し合いはこのところ暗礁に乗り上げている。

 全米自動車労組(UAW)は、債権者が77万5000人の退職者を苦境に追い込んでいると非難。債権者は、提示された計画について、会社が多額の負債を抱えることになり、現実的ではないと主張している。

 GM破たんの現実味が増すなか、双方はさらに大きな損失を負うリスクに直面している。30日の株式市場では、GMは25%超下落した。

 KDPインベストメント・アドバイザーズのアナリスト、キップ・ペニマン氏は「GMが長期的な破たん状態となれば、UAWは失うものが大きい」と指摘。オバマ政権も、破たんに伴う人員削減を回避したい意向を示しており、債権者は交渉で有利な立場にあるとの見方を示した。

 債権者団体は30日、実現可能な事業計画が示されれば、270億ドルの債務の相当部分を株式と交換することに、前向きな姿勢を示した。

 債権者団体は今年早い時期から、GMとの交渉を行っている。フランクリン・テンプルトン・インベストメンツ、フィデリティ・インベストメント、ルーミス・セイルズなどが現在、GMの社債を保有している。 

 <GMは方針転換、破産法の活用も視野>

 ワゴナー氏の辞任を受け、GMの暫定最高経営責任者(CEO)に就任したヘンダーソン氏は、ほかに選択肢がなくなった場合には、破産法の活用も受け入れると表明。これまでの会社の方針を大きく転換した。

 ワゴナー氏と取締役会は破産法の適用申請について、販売に打撃となり会社清算に追い込まれかねないとして、これまで強く反対していた。

 今やワゴナー氏が去ったことで、一部のアナリストは、GMが債務を削減する手段として、破産法の活用に動く可能性がある、とみている。

 オーキフ&アソシエーツのリストラアドバイザー、ブラッド・コルター氏は「GMは、急速に破たんに向かっている」との見方を示した。

 GMが経営破たんした場合は、UAWがGMと結んだ契約は裁判所で失効する可能性があり、UAWは大きな損害を被る、とみられている。

 自動車作業部会のメンバー、ジャレド・バーンスタイン氏は、ロイター・フィナンシャル・テレビジョンで「労組はかなりの譲歩をしているが、(破たんを避けるには)交渉に戻らねばならない」としている。

 米政府は、GMに60日分の運転資金を提供することを決定。これに伴い、GMが再建計画を最終的にまとめる期限は5月末に延ばされた。

 クライスラーには、伊フィアットFIA.MIとの提携をまとめ、債権者と合意する期間として、30日が与えられた。同社は、JPモルガン[JPSEA.UL]、ゴールドマン・サックス・グループ(GS.N)、シティグープ(C.N)で構成するコンソーシアムと、クライスラーの資産を担保とした第1抵当権ローン(計68億ドル)の切り下げで合意する必要がある。

 クライスラーを現在保有するサーベラス・キャピタル・マネジメントは、クライスラーに対して5億ドルの第2抵当権の債権を持つ。クライスラーを以前保有していたダイムラー(DAIGn.DE)は15億ドルの債権を持つが、これらの債権は破たんや交渉により、失われる可能性がある。

 GMは政府に対して160億ドルの追加融資を要請、クライスラーは追加融資50億ドルを要請している。アナリストは、GMが販売の急減を乗り越えるには、債務を減らす必要がある、との見方を示している。

 ドイツ銀行のアナリスト、ロッド・ラッチェ氏は、GMはリストラ後も依然、740億ドル近くの負債を抱える、とみている(政府からの融資180億ドルを含む)。同氏は、GMの目標株価をゼロとしている。

 バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのアナリスト、ジョン・マーフィー氏は、UAWや債権者と合意できなければ、GMの負債総額は1000億ドルに達する可能性がある、と指摘。「これが、GMが米連邦破産法第11条の適用を申請すると信じる主な理由だ」としている。

 (Poornima Gupta記者;翻訳 吉川彩;編集 内田慎一)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below