April 20, 2009 / 3:22 PM / 10 years ago

米バンカメの第1四半期は増収増益、ローン損失拡大で株価下落

 [ニューヨーク 20日 ロイター] 米銀バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)(BAC.N)が20日発表した2009年第1・四半期決算は、メリルリンチ買収などを背景に利益が前年同期から2倍以上増加し市場予想を上回ったものの、ローン損失が拡大した。

 4月20日、米バンカメの第1・四半期決算は増収増益となった。写真はバンカメの支店。昨年6月にニューヨークで撮影(2009年 ロイター/Lucas Jackson)

 普通株主に対する純利益は28億1000万ドル(1株当たり0.44ドル)と、前年同期の10億2000万ドル(同0.23ドル)から増加した。

 純収入は2倍以上増加し357億6000万ドル。

 優先株配当支払い前の利益は3倍超増加し42億5000万ドル。前年同期は12億1000万ドルだった。

 中国建設銀行(601939.SS)の株式売却に伴う19億ドルの利益や、クレジットスプレッド拡大に絡む22億ドルの利益など一時項目が寄与した。

 第1・四半期のクレジット損失の引当金は133億8000万ドル。前四半期は85億4000万ドルだった。

 景気低迷に伴いクレジットの質が悪化する中、純貸倒損失は69億4000万ドルと、前年同期の27億2000万ドルから拡大した。

 不良資産も3倍以上増加し257億4000万ドル。

 クレジットカード部門の損失は17億7000万ドルだった。

 バンカメの株価は寄り付き前一時7.7%下落し、9.83ドルとなった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below