April 20, 2009 / 9:28 PM / 11 years ago

一部大手銀行の破たん情報、根拠ない=米財務省

 4月20日、米財務省のウィリアムズ報道官が一部大手銀行が破たんしているとの見方は根拠がないと述べた。写真はワシントンの財務省ビル。昨年9月撮影(2009年 ロイター/Jim Bourg)

 [ワシントン 20日 ロイター] 米財務省のウィリアムズ報道官は20日、ストレステスト(健全性審査)の対象となった大手銀行のうち何行かが「厳密には破たんしている」との見方は「根拠がない」と言明した。

 ブログ「ターナー・ラジオ・ネットワーク」はストレステストを受けた19行中16行が「厳密には破たんしている」と述べ、米政府のリポートに基づく情報としていた。

 報道官はこれについて「根拠はない。財務省はまだ結果を入手していない」と述べた。

 同ブログは「厳密には破たんしている16行のうち、キャッシュフローが途切れたり、不良債権の状況が一段と悪化したりした場合に持ちこたえることができる銀行は1行もない」と述べた。

 また「16行のうち2行が破たんした場合、連邦預金保険公社(FDIC)の保険金の残りをすべて使い切ってしまう」としていた。

 同ブログはタイム・ワーナー傘下のターナー・ブロードキャスティング・システムとは関係がない。

 一部報道機関が書き込み内容を報じたほか、あるトレーダーが引用したことで、銀行株の下落につながった。

 ターナー・ラジオ・ネットワークは一部では白人至上主義グループとみなされている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below