April 23, 2009 / 12:58 AM / 11 years ago

日本のデフレリスクは深刻、米国では穏やかな脅威=IMF

 4月22日、IMFが日本のデフレリスクは深刻であると指摘。写真は都内。10日撮影(2009年 ロイター/Yuriko Nakao)

 [ワシントン 22日 ロイター] 国際通貨基金(IMF)は22日、米国が穏やかなデフレの脅威に直面している一方、日本のデフレリスクは深刻であると指摘した。

 物価の下落が続くと、消費者はさらに価格が下がると予想して買い控えが起きるなど、デフレにより、現在の景気後退(リセッション)が深刻化する可能性がある。

 デフレにより実質金利が上昇するため、日米の中央銀行は、短期金利をすでにゼロ近くに引き下げている状況で、回復を図るのが一段と困難になるという問題も起きる。

 IMFは世界経済見通しの中で「(ゼロ金利近くまで引き下げられ)追加利下げ余地がほとんどないため、財政刺激の拡大を求める議論が起きる」と指摘している。

 IMFスタッフ調査によると、現在の世界的なデフレリスクは、2002年と03年当時の水準をかなり上回っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below