April 23, 2009 / 4:24 AM / 10 years ago

「スラムドッグ」子役の父親、人身売買の証拠は出ず

 4月22日、インド警察は「スラムドッグ$ミリオネア」に出演したルビーナ・アリちゃん(写真)を父親が売ろうとした事実を裏付ける証拠はなかったと伝えた。 2月撮影(2009年 ロイター/Mario Anzuoni)

 [ムンバイ 22日 ロイター] インド警察当局は22日、映画「スラムドッグ$ミリオネア」に出演したルビーナ・アリちゃん(9)を父親が売ろうとしたと報じられた事件で、それを裏付ける証拠はなかったと発表した。

 英タブロイド紙は先に、おとり取材で父親がルビーナちゃんを20万ポンド(約2800万円)で売ろうとしたと報道。これを受けて別に暮らす母親が警察に捜査を依頼していた。

 警察関係者はロイターの取材で、ルビーナちゃんの父親や、同じスラム街で生活する人たちへの聞き取り調査を行ったことを明かし、「違法行為を示す証拠はないため、逮捕はしない」と述べた。

 同映画でヒロインの幼少時代を演じたルビーナちゃんは、父親と義母とともにスラム街で生活している。

 ルビーナちゃんの父親は、マスコミの取材で人身売買の意志があったことを否定していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below