May 1, 2009 / 10:34 AM / 10 years ago

新型インフル、メキシコで新たな感染例が減少傾向

 5月1日、メキシコ保健当局者は新たな感染例は減る傾向にあると発表。写真は先月30日、メキシコ市でインフルエンザの検査に並ぶ人(2009年 ロイター)

 [メキシコ市 1日 ロイター] メキシコでは1日から5日間、新型インフルエンザの感染拡大を防ぐため、ほとんどの企業が活動を停止する。ただ保健当局者によると、新たな感染例は減る傾向にあるという。

 メキシコのコルドバ保健相は、30日現在重い症状で公立病院で治療を受けている感染者数は46人で、20日時点の212人から大幅に減少したと述べた。

 同相によると、米国やカナダおよび国内の研究所での追加検査によると、176人とされていた死者のうち、12人が新型インフルエンザによるものと確認された。確認作業が進めば死者数は増える見通しという。

 新型インフルエンザ感染が確認された国は11カ国に及び、このほか17カ国で疑い例が検査されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below