Reuters logo
独ポルシェと独VW、合併に向け協議することで合意
2009年5月7日 / 01:40 / 9年後

独ポルシェと独VW、合併に向け協議することで合意

 [フランクフルト 6日 ロイター] 独高級車メーカーのポルシェと独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)(VOWG.DE)は6日、合併に向け協議することで合意したと発表した。

 5月6日、独ポルシェと独VW、合併に向け協議することで合意(2009年 ロイター/Heinz-Peter Bader)

 ポルシェは現在VWの株式約51%保有。ポルシェはこれまでVWの保有率を同社の経営権を握ることができる75%に引き上げることを目指してきたが、株式買収から合併に戦略を転換する。

 合併の条件は明らかにされていないが、両社は「統合された自動車製造グループ」を設立するための原案を4週間以内にまとめることで合意したと発表した。また、ポルシェは「統合会社は10ブランドを統括する」と明らかにした。

 VWは、フォルクスワーゲン、ランボルギーニ、ショコダ、ベントレー、ブガッティ、アウディ、スカニア、セアト、フォルクスワーゲン・コマーシャル・ビークルズの計9ブランドを傘下に持つ。一方、ポルシェは独自のスポーツカー・ブランドを持つ。

 合併の協議に詳しい関係筋によると、ポルシェの既存株主は、設立される新会社への最大50億ユーロ(67億ドル)の増資を負担する。増資は2009年中または2010年に実施される見通し。増資を目的とした既存株主以外への株式売り出しは、現在検討されていないとしている。

 ポルシェ・オートモビル・ホールディングを率いるポルシェ一族と、VWの大株主であるピエヒ一族は、オーストリアのザルツブルグに集まり、ポルシェが抱える総額90億ユーロの負債とVWの株式取得の原資獲得について、1日かけて話し合った。その結果、合併に向け協議することで合意したという。

 想定される新会社の形態は、今後ポルシェとVWの合同検討委員会で討議される。同委員会にはVWの本社があるニーダーザクセン州の当局者、および労働者代表も参加する。

 ヴルフ・ニーダーザクセン州知事は、VWの将来に関わる協議に参加する用意があるとの立場を表明した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below