May 8, 2009 / 4:49 AM / 10 years ago

情報BOX:米ストレステスト、金融機関の増資所要額と対応策

 [7日 ロイター] 米金融機関19社を対象に実施した健全性審査(ストレステスト)の結果、10社が資本不足と判断された。不足額は合わせて746億ドル。資本不足とされた金融機関は、資本調達計画を6月8日までに提出し、11月9日までに計画を実行する必要がある。

 9社の金融機関については、資本水準は適切、との判断が下された。

 以下は、各金融機関の増資所要額および資本調達など対応策の一覧。 

<資本不足とされた金融機関> (単位は10億ドル) 

金融機関名         増資所要額  資本調達計画

バンク・オブ・アメリカ(BAC.N) 33.9    普通株発行で170億ドル調達

                        優先株の普通株への転換

      資産・事業売却で100億ドル

                        その他の手段で70億ドル

シティグループ(C.N) 5.5    優先株の普通株への転換

フィフス・サード(FITB.O) 1.1   不明

GMAC(GM.N) 11.5   不明

キーコープ(KEY.N) 1.8   不明

モルガン・スタンレー(MS.N) 1.8   普通株発行で20億ドル調達

                        社債発行で30億ドル調達

PNC(PNC.N) 0.6   不明

リージョンズ(RF.N) 2.5   非中核資産を売却可能性

サントラスト(STI.N) 2.2   政府の優先株を減らす意向

ウェルズ・ファーゴ(WFC.N) 13.7  株式発行で60億ドルを調達

 <資本水準が適切とされた金融機関> 

アメリカン・エキスプレス(AXP.N)

バンク・オブ・ニューヨーク(BK.N)

BB&T(BBT.N)

キャピタル・ワン(COF.N)

ゴールドマン・サックス(GS.N)

JPモルガン(JPM.N)

メットライフ(MET.N)

ステート・ストリート(STT.N)

USバンコープ(USB.N)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below