May 20, 2009 / 4:02 AM / 11 years ago

4700万年前の霊長類のほぼ完全な化石、研究者が公開

 5月19日、ノルウェーの古生物学者が率いる研究チームが4700万年前の霊長類の化石を公開(2009年 ロイター/Mike Segar)

 [ニューヨーク 19日 ロイター] ノルウェーの古生物学者が率いる研究チームが19日、ドイツで発掘した保存状態の良い4700万年前の霊長類の化石を当地のアメリカ自然史博物館で公開した。

 化石の霊長類は、生後1年に満たないときに死んだメスで、全長は約60センチ。片脚のひざ下部分が欠けているだけで、これまでに発見された霊長類の化石の中で最も完全なものという。

 2年間にわたって化石を分析してきた研究チームは、この霊長類はサル、類人猿、ヒトの共通の祖先に非常に近いとみられるが、人類の直接の祖先ではないようだとしている。

 研究チームでは、化石が霊長類の進化の初期過程を解明するのに役立つと期待している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below