Reuters logo
米経済は最悪期脱した=バンカメCEO
2009年5月21日 / 02:11 / 9年後

米経済は最悪期脱した=バンカメCEO

 [ニューヨーク 20日 ロイター] バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)(BAC.N)のルイス最高経営責任者(CEO)は20日、米景気後退について、最悪期を脱した可能性が高く、懸念されたほど状況が悪化する恐れは小さいとの見方を示した。

 5月20日、バンカメのルイスCEOは米景気後退について、最悪期を脱した可能性が高く懸念されたほど状況が悪化する恐れは小さいとの見方を示した。3月撮影(2009年 ロイター/Brian Snyder)

 ロンドンで行われたコンファレンスでの講演原稿をロイターが入手した。

 同CEOは「われわれは現在、緩やかながらも持続的な景気回復の開始点にある」と指摘。「痛みは今後も続くものの、最悪期は脱した可能性が非常に高い」とし、欧米経済は2009年下期に小幅なプラス成長を遂げるとの見通しを示した。

 ルイスCEOはまた、投資銀行の報酬慣行は改善が必要だとし、銀行主導で報酬の適正化を図るべきだと主張。「長期的な成長を支援する成果主義」と「不適切なリスクテーキングに対しては報奨を減らす」制度を導入する必要があるとした。

 その上で、政府が報酬慣行を法制化すれば「悲惨な」結果になるとの見方を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below