May 21, 2009 / 9:26 AM / 10 years ago

再送:英国の格付け見通しをネガティブに下方修正=S&P

 5月21日、S&Pは英国の格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に修正。shあ」ロンドンで20日撮影(2009年 ロイター/Stefan Wermuth)

 [ロンドン 21日 ロイター ] スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は21日、英国の格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に修正した。長期格付けの「AAA」と短期格付けの「A─1プラス」は確認した。

 S&Pのクレジット・アナリスト、デビッド・ビアーズ氏は声明で「財政緊縮化が進められたとしても、政府の債務残高の対国内総生産(GDP)比が100%に近づき、中期的にその水準付近にとどまる可能性があるとみているため、英国の格付け見通しをネガティブに修正した」と述べた。

 また、英国の収入基盤の毀損(きそん)がどの程度早急に修復されるかについて、英国政府よりも慎重な見方を取っていると指摘した。

 S&Pの発表を受け、英国債先物とポンド相場は急落している。

*見出しの表記を修正して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below