May 24, 2009 / 4:51 AM / 10 years ago

クウェート駐留の米軍兵士が新型インフル感染、湾岸地域では初

 5月23日、クウェート駐留の複数の米軍兵士が新型インフルエンザに感染したことが確認された。写真は昨年1月に撮影したクウェート駐留の米兵たち(2009年 ロイター/Kevin Lamarque)

 [クウェート 23日 ロイター] 国営クウェート通信(KUNA)が政府当局者の話として伝えたところによると、同国駐留の複数の米軍兵士が新型インフルエンザ(H1N1型)に感染したことが確認された。

 クウェートでの感染確認はこれが初めて。

 KUNAによると、ウィルスはクウェートに駐留する複数の兵士から検出されたが、人数は明らかにされていない。一部の兵士は米軍基地内で隔離され、一部は出国したという。

 今回の米軍兵士の感染は、湾岸地域にとっても初めての感染例となる。

 一方、在クウェート米国大使館は、KUNAにあてた声明で「(兵士たちは)クウェート国民とはいかなる接触もしていない」としている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below