May 25, 2009 / 6:54 AM / 10 years ago

北朝鮮が核実験を実施、国際社会の反発は必至

 [ソウル 25日 ロイター] 北朝鮮は25日、地下核実験を成功裏に実施したと発表した。北朝鮮による核実験は2度目。

 5月25日、北朝鮮が核実験を実施。写真は核実験を伝える号外を読む人たち。都内で撮影(2009年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

 また聯合ニュースが外交筋の話として明らかにしたところによると、北朝鮮は核実験の数時間後に舞水端里(ムスダンリ)から短距離ミサイルも発射した。

 ロシアのイタル・タス通信によると、同国のチュルキン国連大使は、国連安保理が北朝鮮の核実験をめぐり25日に緊急会合を開催することを明らかにした。

 北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は、防衛のための核抑止力強化をはかるための措置として、地下核実験を実施し成功したと発表。これにより、核爆発力と制御を新たな段階まで強めたという。

 米地質調査所も、核実験が実施されたと思われる場所付近でマグニチュード4.7の地震を感知した。

 ただ、2006年10月の最初の実験時と同様、国際社会が実験の結果を検証するには時間がかかる見込み。最初の実験は部分的な成功にとどまったとされている。 

 報道をうけて韓国の金融市場は大幅安。総合株価指数は一時4%下落し、ウォンも対ドルで1%超下落した。ただ、その後は実際の軍事対立がない限り影響は一時的との見方から下げの大半を回復している。

 <日本政府は反発>

 河村建夫官房長官は25日正午過ぎ、北朝鮮が核実験を行ったとの報道に対し、事実関係を確認中としながら、「仮に核実験を行ったということであれば、明確な国連安保理決議違反であり、断じて容認できない」と述べた。

 北朝鮮は過去数週間、4月のロケット発射以来強まる国際的な制裁を背景に、2度目の核実験実施を示唆していた。

 ある研究者は「オバマ政権の関心を引こうとする北朝鮮の戦略的目的は変わっていない」と指摘した。

 また、実験は昨年脳卒中で倒れたとされる金正日総書記の国内での影響力強化も目的だったとの見方もある。

 米マサチューセッツ工科大学の安全保障問題の専門家でリサーチアソシエートのジム・ウォルシュ氏は「これが北朝鮮内部でおきている政治的緊張の高まりをあらわすものかどうか、検証が必要だ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below