June 1, 2009 / 4:13 AM / 9 years ago

米政権、新生GMの取締役を選出へ=政府高官

 [ワシントン 31日 ロイター] 米オバマ政権は、新生ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)の取締役を選出するとともに、意思決定における政府の役割を制限する方針。ある政府高官が明らかにした。

 同高官は「日々の経営について政府が干渉したりコントロールすることはない。政府の人間が取締役会に加わることもない」と述べた。

 ヘンダーソン最高経営責任者(CEO)は留任するという。

 現在12人の取締役のうち他のメンバーは、オバマ政権とクレサ会長(暫定)との話し合い後慰留されることになる。

 新たな取締役会の顔ぶれについては、過去数週間憶測が飛びかっているものの、新生GMが破産法手続きを完了するまでに大幅に増員されるという。

 同高官は「候補となるのはビジネスリーダーやCEO、CEO経験者、貢献可能な関連の経験をもつ他分野の人材だ。政治的背景などは関係ない」と述べた。

     オバマ政権は、5月に新生クライスラーの会長に指名したロバート・キダー氏を候補として指名した。同氏はプライベート・エクイティの投資家かつコンサルタントの経験があり、フォード・モーター(F.N)とも仕事をした経歴をもつ。

     また、全米自動車労組(UAW)の退職者向け医療保険基金のほか、カナダ政府も95億ドル融資の見返りに取締役1人を送りこむことになる。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below