June 1, 2009 / 5:53 AM / 10 years ago

米破産裁判所、クライスラーのほぼ全ての資産売却を承認

 6月1日、米破産裁判所は、クライスラーのほぼ全ての資産売却を承認。写真は5月、ミシガン州のクライスラー販売店で(2009年 ロイター/Rebecca Cook)

 [デトロイト 1日 ロイター] 米破産裁判所は1日、クライスラー再生に向け、同社のほぼ全ての資産売却を承認した。破産裁判所のゴンサレス裁判官は、全米自動車労組(UAW)傘下の医療保険基金が株式68%を保有することになる新会社に対し、総額20億ドルのクライスラーの資産売却を承認した。

 新会社の株式は、UAWの医療保険基金の他、フィアットFIA.MIが20%、米政府とカナダ政府が合わせて12%取得する予定。

 クライスラーの資産売却は、米ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)が連邦破産法11条の適用を申請するとみられるわずか数時間前に承認された。4月30日に連邦破産法11条の適用を申請したクライスラーの再建は、より規模が大きく複雑な問題をはらむGM再生の試金石ともされている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below