Reuters logo
米政府、北朝鮮のテロ支援国家再指定を検討=国務長官
2009年6月7日 / 23:32 / 8年後

米政府、北朝鮮のテロ支援国家再指定を検討=国務長官

 [ワシントン 7日 ロイター] クリントン米国務長官は7日、北朝鮮が先月25日に核実験を実施したことを受け、米国は北朝鮮を「テロ支援国家」に再指定することを検討していると述べた。

 6月7日、クリントン米国務長官は北朝鮮のテロ支援国家再指定を検討していると述べた。先月6日に撮影(2009年 ロイター/Kevin Lamarque)

 同国務長官は米ABCテレビのインタビューで「政府は再指定を検討している。そのための手続きがある。米政府は、北朝鮮が国際テロリズムを支援しているとの最新の証拠の確認を望んでいる」と述べた。

 現時点で北朝鮮が国際テロリズムを支援している証拠を米政府が持っているかとの質問に対し「検討は開始されたばかりで、現時点ではその質問に対する答えはない」と述べた。

 米国は昨年10月に北朝鮮のテロ支援国家指定を解除。暗礁に乗り上げていた北朝鮮の核問題を協議する6カ国協議の進展を目指した上での指定解除だったが、6カ国協議は現在、完全に機能停止状態に陥っている。

 クリントン国務長官は「北朝鮮のテロ支援国家指定解除には当然根拠があった。その解除の根拠を北朝鮮自身が打ち消している」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below