June 15, 2009 / 4:05 AM / 9 years ago

北米映画興行収入=公開2週目の「The Hangover」が1位

 [ロサンゼルス 14日 ロイター] 映画スタジオの推計に基づく6月12日―14日の北米映画興行収入ランキングは、前週初登場で2位だったコメディ作品「The Hangover(原題)」が3340万ドル(約32億8000万円)を記録し、1位に浮上した。

 6月14日、北米映画興行収入ランキングはコメディ作品「The Hangover(原題)」が1位に浮上。写真はキャストのブラッドレイ・クーパー(右)とヘザー・グラハム。2日撮影(2009年 ロイター/Danny Moloshok)

 トッド・フィリップス監督がメガホンを取り、ジャスティン・バーサ、ブラッドレイ・クーパー、エド・ヘルムズが共演したこの作品は、結婚を直前に控えた3人の男性が、ラスベガスのパーティーで羽目を外してしまい、何が起こったのか翌日に思い出そうとするストーリー。アクションも盛り込まれた同作品の予算は3100万ドルとされており、累計興行収入が業界関係者の予想通り2億ドルに到達すればかなりの成功と言える。

 また、同作品は、18歳未満の観賞を制限するR指定のコメディ映画としては最速の10日で、1億ドルの大台を突破。これまで最速だった「セックス・アンド・ザ・シティ」の11日の記録を塗り替えた。

 一方、スターを起用した2作品は、不調なスタート。デンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタが共演した地下鉄のハイジャックをめぐるスリラーは2500万ドルで3位。エディ・マーフィー主演のファミリー向けコメディ「Imagine That(原題)」は570万ドルにとどまり、6位だった。

 北米以外では、公開2週目となる「ターミネーター4」が4610万ドルで1位だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below