June 16, 2009 / 1:07 AM / 9 years ago

米金融規制改革案の概要公表、銀行資本基準や証券化が焦点に

 [ワシントン 15日 ロイター] ガイトナー米財務長官とサマーズ国家経済会議(NEC)委員長は、オバマ政権が週内に発表する金融規制改革案について、銀行の資本水準や貸し出し基準など米金融システムの決定的な弱点に焦点を置く考えを明らかにした。

 6月15日、米金融規制改革案の概要が公表された。写真はガイトナー米財務長官。ニューヨークで撮影(2009年 ロイター/Jacob Silberberg)

 両氏は改革案の概要をワシントン・ポスト紙に寄稿し、消費者・投資家の保護強化、米連邦準備理事会(FRB)に対するシステミックリスクの監督権限付与、格付け機関への依存軽減などの必要性を訴えた。ホワイトハウスの高官によれば、オバマ大統領は17日に「金融業界が進む道の新たな規制」について発表を行う予定で、ガイトナー財務長官も同席する見通し。

 オバマ大統領は、金融規制改革案を年内に法制化したい考えを示している。米議会では民主党が大統領の案を広く支持しているものの、下院の一部共和党議員は前週、より控えめな対案を明らかにした。

 改革案の概要に目新しい内容はほとんど見られず、銀行監督体制の合理化や店頭デリバティブの監督については詳細を先送りした。ただ、FRBに中心的な役割を課す方針や、経済を脅かしかねない大規模なノンバンク金融機関の破たんへの新たな対応方法を見出す考えは明確に示した。

 ガイトナー、サマーズ両氏は、改革により「すべての金融機関に対する資本と流動性の基準を強化する」ことを目指すとし、大規模な金融機関には一段と厳格な基準を設けていると説明した。

 破たんすれば金融システム全体の安定を脅かしかねない大規模な金融機関はFRBの包括的な監督下に置き、金融システム全体にわたる調整を行う責任をもつ委員会を設立するとした。

 また、資産担保証券(ABS)の発行体に新たな報告義務を課すほか、発行したABSに「経済的な利害」を保持することも義務付ける方針。これについて財務省の報道官は、ローンを証券化した後も融資元が信用リスクの5%を負うことを義務付ける案を提示する方針だと述べた。

 ガイトナー、サマーズ両氏はさらに、改革案で店頭デリバティブの監督や、先物と証券に関する規制の「調和」、支払い・決済システム強化の必要性を訴える方針を示した。

 大規模なノンバンク金融機関の破たん処理をめぐる新たなメカニズムを構築し、投資家および当局の格付け機関への依存を軽減する必要性も強調する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below