Reuters logo
冷凍サメの中からコカイン1トン押収、メキシコの港で
2009年6月18日 / 04:47 / 8年後

冷凍サメの中からコカイン1トン押収、メキシコの港で

 [メキシコ市 16日 ロイター] メキシコ海軍が、冷凍サメの体内から計1トン以上のコカインを押収したことが分かった。海軍と地元メディアが16日明らかにした。

 6月16日、メキシコ海軍が冷凍サメの体内から計1トン以上のコカインを押収したことが明らかに(2009年 ロイター/Argely Salazar)

 それによると、 コカインは同国南部のユカタン州の港で、X線機器や麻薬探知犬を使ってコンテナ船を確認した際に見つかり、マスクをした海軍士官らが20匹以上のサメを解体した。

 メキシコの麻薬組織は、未開封のビール缶や宗教的な像の中に麻薬を隠すなど、米国への密輸の手口を以前より巧妙化させている。   

 カルデロン大統領は、兵士や警察官4万5000人をメキシコ全土に派遣し、影響力の大きい密輸組織の壊滅を目指しているが、これらの組織は手投げ弾や自動小銃も所持しているため、苦戦を強いられている。また米政府も、アリゾナ州など米国にも麻薬をめぐる抗争が飛び火するのではないかと、懸念を示している。

 メキシコでは今年に入り、麻薬がらみの暴力事件で約2750人が死亡。約6300人が死亡した2008年と変わらないペースで死者が出続けている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below