June 25, 2009 / 6:18 AM / 11 years ago

米KKR、傘下の投資ファンドKPEとの合併計画を発表

 [ニューヨーク 24日 ロイター] 米プライベートエクイティのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)[KKR.UL]は24日、傘下の投資ファンド、KKRプライベート・エクィティ・インベスターズ(KPE)KKR.ASと合併する計画を発表した。

 KPEはアムステルダム株式市場に上場。KKRはKPEの上場を維持する意向であるため、合併が実現すればKKRはアムステルダム株式市場上場企業となる。KKRはこれまでKPEの上場廃止を検討していた。

 KPEは合併後の会社の株式30%を保有する予定。残りはKKRが保有する。KKRはこれまでKPEの株主に対し、合併後の会社の株式21%の保有を提案していた。

 今回の合併案では、KKRが合併の契約締結後1年以内に合併後の企業のニューヨーク証券取引所(NYSE)への上場を申請しなかった場合、KPEは上場するよう要求できるとしており、ニューヨークに本社を置くKKRが従来から望んでいたNYSEへの上場の可能性も残している。

 合併はKPEの株主の承認を得る必要がある。KKRによると、発行済み株式の約44%を保有する機関投資家の承認を既に得ている。承認したのは、ブラック・リバー・アセット・マネジメント、レキシントン・パートナーズ、パトナム・インベストメンツ、RSインベストメンツ、テンプルトン・グローバル・アドバイザーズなど。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below