June 29, 2009 / 3:15 PM / 10 years ago

米GDPは年後半にプラス成長=地区連銀総裁

 6月29日、米ボストン地区連銀総裁は、国内総生産(GDP)が今年下期にプラス成長となる公算が大きいとの見解示す。写真はテキサス州ダラスのキャリアフェア会場。13日撮影(2009年 ロイター/Jessica Rinaldi)

 [ブリュッセル 29日 ロイター] 米ボストン地区連銀総裁は29日、米国内総生産(GDP)が今年下期にプラス成長となる公算が大きいとの見解を示した。

 ただ、労働市場の回復はこの動きに遅行する、と語った。

 当地での会合に出席しているローゼングレン総裁は記者団に対し「GDPは今年下半期にプラス成長に転じると予想している。失業率は(この改善に)立ち遅れる公算が大きく、失業率がピークに達するのは来年初めごろとなる可能性が高い」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below