Reuters logo
再送:英国が新型インフル対策見直し、感染者1日10万人も視野
2009年7月3日 / 04:00 / 8年後

再送:英国が新型インフル対策見直し、感染者1日10万人も視野

 [ロンドン 2日 ロイター] 英保健当局は2日、8月末までに国内の新型インフルエンザ(H1N1型)の新規感染者が1日当たり10万人を超えるペースになると予測し、対策を変更する方針を示唆した。

 7月2日、バーンハム英保健相は8月末までに国内の新型インフルエンザの新規感染者が1日当たり10万人を超えるペースで増える可能性があると指摘(2009年 ロイター/Luke MacGregor)

 アンディ・バーンハム保健相は議会に「これはあくまでも予測に過ぎないが、8月末までに新たな感染者が1日当たり10万人となる可能性がある」と報告した。

 同保健相は、新型インフルエンザの感染報告が毎週倍増していると述べ、「すでに分かっているように、永久にこのウイルスを封じ込めるのは不可能だろう。ある時点で封じ込めに集中することから離れ、増加する感染者の治療へと対策を移さざるをえないかもしれない」と話した。

 世界保健機関(WHO)は6月11日に新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)を宣言。これまでに世界中で7万7000人以上が感染している。

 英国には8月末までに新型インフルエンザのワクチン第1弾が到着、年内に6000万投与分を確保する予定で、これで全人口の半数に相当する3000万人分をまかなえるという。

 英国ではこれまでに7477人の感染が確認されている。

*本文中の誤植を修正して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below