for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米製造業の国内回帰、中国のメキシコ投資に好機=ICBC幹部

 3月24日、中国工商銀行(ICBC)メキシコ支店のYaogang Chen代表は、米製造業の国内回帰を掲げるトランプ大統領の政策を受けて、中国企業によるメキシコ投資の道が開けるとの見方を示した。写真はICBCのロゴ。北京で昨年3月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[アカプルコ(メキシコ) 24日 ロイター] - 中国工商銀行(ICBC)601398.SS1398.HKメキシコ支店のYaogang Chen代表は、米製造業の国内回帰を掲げるトランプ大統領の政策を受けて、中国企業によるメキシコ投資の道が開けるとの見方を示した。

米フォードは今年1月、メキシコ中部サンルイスポトシ州で16億ドルを投資して工場を建設する計画を撤回。メキシコでは海外投資冷え込みへの懸念が高まった。

アカプルコで開かれた金融機関の会合に参加したChen氏は、ロイターのインタビューに「米国の投資が一部実現しなければ、ほかの誰かがする必要がある。中国企業は利益が出ると考えれば、投資を行う」と語った。

中国の安徽江淮汽車(JACモーター)600418.SSは2月、メキシコのジャイアント・モーターズのスポーツタイプ多目的車(SUV)工場に2億1000万ドル超の投資をすると発表した。

Chen氏は「JACはメキシコでもわれわれの顧客になるだろう」と述べた。

ほかにも、昨年6月にメキシコで輸出車の販売を始めた北京汽車(BAIC)1958.HKも、同国に建設する工場で乗用車や電気自動車を生産する計画を明らかにしている。

中国企業によるメキシコ直接投資は米企業に比べはるかに少ないが、ICBCはメキシコでの融資を今後3年間で10倍増の約100億ペソ(5億3300万ドル)に拡大すると予想しているという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up