for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

伝説的演奏から20年、レディオヘッドが「グラストンベリー」出演

 6月23日、英ロックバンドのレディオヘッドは、英野外ロックフェス「グラストンベリー・フェスティバル」のメインステージに登場した。初めてヘッドライナーとして参加した20年前には、大雨でずぶ濡れの観客を前に伝説的なステージを披露した(2017年 ロイター/Dylan Martinez)

[グラストンベリー 23日 ロイター] - 英ロックバンドのレディオヘッドは23日、英南西部サマセットのワーシーファームで開かれた野外ロックフェス「グラストンベリー・フェスティバル」のメインステージに登場した。初めてヘッドライナーとして参加した20年前には、大雨でずぶ濡れの観客を前に伝説的なステージを披露した。

今年のステージでは、ほぼすべてのアルバムから楽曲を演奏するととともに、メイ英首相を揶揄(やゆ)する内容に歌詞を変えて歌う場面もあった。

ボーカルのトム・ヨークは「Myxomatosis」の歌詞の一部を、メイ首相のスローガンである「強力で安定した(strong and stable)」に変えて歌うなどした。

2時間におよぶ演奏は、レディオヘッドのファンには受けが良かったものの、なじみのない聴衆の中には別のステージに移動する動きもみられた。

昔からのファンだというアイルランドから来たトム・マーティンさん(30歳)は「これまで見たうちで最高のステージだった」と話した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up