for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

昨年ファンド番付、グローバルマクロ部門はJPモルガンの1本が首位

 1月6日、ファンド評価プラットフォームのシェアリングアルファは、種別ごとの2020年ファンド番付を公表し、グローバル・マクロ・ファンド部門ではJPモルガン・アセット・マネジメントの「グローバル・マクロ・オポチュニティーズ・ファンド」が首位に輝いた。写真はJPモルガンのロゴ。ニューヨークで2017年1月撮影(2021年 ロイター/Stephanie Keith)

[ロンドン 6日 ロイター] - ファンド評価プラットフォームのシェアリングアルファは6日、種別ごとの2020年ファンド番付を公表し、グローバル・マクロ・ファンド部門ではJPモルガン・アセット・マネジメントの「グローバル・マクロ・オポチュニティーズ・ファンド」が首位に輝いた。

この番付は、資産配分担当者がシェリングアルファを利用して、各ファンドの運用担当者の資質や手数料水準、ポートフォリオ構成などに基づいて評価した結果をまとめたもの。シェアリングアルファは、政府系ファンドや年金基金などに評価情報を提供している。

グローバル債券ファンド部門はパシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー(PIMCO)GISグローバル・ボンド・ファンドが、大型グローバル株式ファンド部門はスイスAtonRaファンドが、それぞれトップの座についた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up